現在開催中のイベント

ツイッターフェイスブックインスタグラム
ネオナチュラル公式LINE@ページ お試しトライアル 送料無料 お得な定期購入のお知らせ まとめてお得 お得な定期購入のお知らせ 母袋有機農場 くりすの家 お家でできる毎日5分間ヨガ体操♪ クローバー募金 じまブロ ネオナチュラル会員 お買い物ガイド
携帯電話・スマートフォンからのお買い物はこちら
よくある質問 自然素材の話 母袋有機農場 くりすの家
>>母袋の様子をブログで紹介中

お知らせ 雑誌・メディア紹介


トップページ > お肌のこと・ネオナチュラルのこと > 肌フローラにみる育菌スキンケア > @菌と人の関係〜腸内フローラ〜

肌フローラにみる育菌スキンケア
腸内革命=医療革命?!

昨今、ヨーグルトや発酵食品が腸や体によいとされ菌に注目が集まっていますが、菌は腸、皮膚、口腔・鼻腔、生殖器などヒトの体内外に、多種多様にわたり棲息しています。
腸内細菌は約100兆個 その中で最も多く細菌が存在しているのが腸内で、その数はわかっているだけでも200種類以上、100兆個、重さにすると1〜2kg程。
ヒトの体の細胞は約60兆個ということを考えるととても膨大な数だということがわかりますね。

そもそも胎児の時、ヒトは「無菌状態」であり、誕生の瞬間に口や鼻から入った菌が少しずつ棲みついていきます。しかし、入ってきた菌すべてが棲みつけるわけではありません。自分にとって必要な菌だけ選択しています。そう、ヒトは自分の腸内細菌を自ら選んでいるのです。それは、長年の間、細菌たちと過ごす中で徐々に決めてきたとされています。

そしてこの腸内細菌の生態系(腸内フローラ)がその人の<健康>、そして<性格>、はたまた<美容>など様々な要素と関係しているといわれています。


それではまず健康面についてみてみましょう。
腸内フローラは<肥満><糖尿病><がん>など30以上の病気のなりやすさと関わっていることが判明しています。

◆肥満
実は、肥満傾向の方には、過食、運動不足などの生活習慣に加え、腸内細菌の「バクテロイデス菌」が少ない傾向にあるとされています。腸内細菌は、私たちが食べた物をエサにして、そこからビタミンや乳酸など様々な物質を作りだします。バクテロイデスの場合は食物繊維をエサに「短鎖脂肪酸」を作り出し、余分な脂肪を取り込むのを防いでいるのです。さらには筋肉までに作用し、脂肪燃焼にも一役かっているとされています。このように脂肪の蓄積を減らし、消費を増やす全身のエネルギーのコントロールを腸内細菌がおこなっていたのです。
しかし、現代人は、飽食に加え食の欧米化がすすみ食物繊維が不足しているため、バクテロイデスが減少し、肥満を招いているようです。

◆糖尿病
糖尿病に関しても、腸内細菌が関与していることがわかってきました。腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸の量が減ることによってインスリンの分泌が減り、糖尿病を招いていたのです。昨今、アメリカでは、腸内細菌のエサとなる食物繊維とポリフェノールを含有した薬を服用することで腸内細菌を増やし、糖尿病の改善に成功しています。

◆がん
日本では2人に1人が罹患するとされるがんですが、日本の医療機関が腸内細菌研究で発見した悪玉菌「アリアケ菌」が、がんと大きく関係していることが判明しました。そのアリアケ菌が出す物質DCAがヒトの細胞を老化させ、その老化細胞ががん物質放出し、がんを形成します。さらにこのアリアケ菌は肥満になると増えることまでわかっています。世界中で約280万人の方が肥満を含めた生活習慣病によりがんになっているといわれる中、関係性があるとされながらも、昔からその詳細はわかっていませんでした。その不調、腸内環境が原因かも・・・しかし、この研究により腸内細菌がその要素の一つであることがいえます。

他にも、様々な腸内細菌が出す物質が<アレルギー予防><薄毛予防><貧血予防><血栓予防>などあらゆる症状に作用することがわかってきています。
このように腸内フローラを解明することで、原因不明の病気も解明される可能性があり医学に革命をおこすとまで言われています。


あなたの性格も、常在菌が決めている?
あなたの性格も、常在菌が決めている?

腸内フローラは健康だけでなく、実はヒトの性格や感情まで左右するといわれています。

性格や感情を作り出す脳では、脳内の神経細胞がネットワークを有し電気信号を交換することで感情を決めています。
このように神経のネットワークが集中している場所が体の他の部分にもあり、脳についで多いのが実は腸なのです。その数はなんと1億個もあり腸管神経系と呼ばれています。 その神経系の神経細胞に作用する物質を腸内細菌は多種にわたり作り出すことがわかってきました。それが脳に伝わり感情に変換されているというのです。

例えば、腸内細菌が作り出すものの中で4EPSという物質があり、これがコミュニケーション能力や活発さを減らしてしまうということも最近ではわかってきました。
そういった研究をふまえ、海外ではうつ病患者へ腸内フローラを変えるような治療方法を試みている程です。

のんびり屋さんだったり、せっかちだったり、明るかったり、暗かったり。そういった性格は、生活環境や遺伝子が関係しているように思えますが、実は腸内フローラも大きく関係しているのです。

お肌の悩みまで常在菌が解決?
さらに、腸内フローラは病気や性格だけでなく、実は見た目の美しさや肌質にも関係してるというから驚きです。 その一つに腸内細菌には、エクオール産生菌というものがあり、これが肌老化に大きく関わっているのです。

エクオール産生菌は大豆食品に含まれる大豆イソフラボンをエサにエクオールという女性ホルモンに似た物質を作りだします。これがコラーゲンを生成する線維芽細胞に働きかけ、お肌の奥深くからハリや弾力を与えるのです。
さらにエクオールは、更年期の女性を悩ます、顔のほてりや、骨密度の低下予防にも繋がるとまでいわれています。

しかし、実は日本人の半分しかエクオールを作ることができず、欧米人にいたっては20〜30%しか作れないといわれています。 これには、食生活で大豆食品を多く摂取しているかどうかが大きく関与しているとされ、大豆食品を多く食べる日本人はそれを有用化するために、体内にエクオール産生菌が棲みついたと考えられます。ただ、残念なことに、大豆の摂取量が減っている現代は、日本人でも、世代が若い程作ることができる人の割合は減少しているのです。

このように、人間に棲みついている細菌<常在菌>は長年に渡りヒトと共生しながらにして、我々の健康や感情、美容のバランスと大きく関わっています。

しかし、現代は、薬の使用や農薬、防腐剤など添加物を多く含む食生活によりそのバランスは大きく崩れつつあります。

そして、それは、腸内環境同様に、お肌表面にもいえることです。

現代は、合理性やコストパフォーマンスのために、石油由来の合成界面活性剤や化学合成品を含む化粧品が多く出回り、肌の表皮に棲む<皮膚常在菌>の環境を大きく変えているとされています。腸内フローラ同様、表皮にも肌フローラがあります それが現代の敏感肌、アトピーなど様々な肌トラブルの原因となったり、いくらスキンケアをしても良くならないという状況を引き起こしているのです。

ネオナチュラルが、自然素材を利用した国産オーガニックコスメをお届けするのは<肌フローラ>を活かした皮膚常在菌の働きを阻害しない<育菌スキンケア>を大切にしているからです。

<第二回>健やか美肌の源「肌フローラ」とは