ツイッターフェイスブックインスタグラム
ネオナチュラル公式LINE@ページ
お試しトライアル 送料無料 お得な定期購入のお知らせ まとめてお得 お得な定期購入のお知らせ 母袋有機農場 くりすの家 クローバー募金 お買い物ガイド
スマートフォンからのお買い物はこちら
よくある質問 自然素材の話 母袋有機農場 くりすの家
お知らせ 雑誌・メディア紹介


トップページ > 現在開催中のイベント・特集・お知らせ > いいひふ月間2017 肌フローラプロジェクト


肌フローラケアプロジェクト
3名のスペシャル顧問と250名様の部員の皆様と一緒に活動してきた、期間限定『肌フローラケア部』。特別なお手入れはしなくても、5年後、10年後も健やかでいられるお肌でいられるように、「スキンケア」「食事」「運動」などの、美肌習慣に取り組んできました。皆さんからいただいたレポートをご覧になりながら、肌フローラケアをご存知のない方も、一緒に美肌に欠かせない皮膚常在菌のバランスが整った育菌女子®を目指しましょう。

肌フローラケアプロジェクト
\モニター部員さんが写真と一緒に報告中/
肌フローラケアプロジェクト

※画像をクリックするとインスタグラムに繋がります。
※アプリが起動することがありますので予めご了承くださいませ。

肌フローラケアプロジェクト
M・Y様
3週間取り組んでみて、すべての菌が悪いんじゃなくて、共生すべき良い菌もいることがわかりました。菌に栄養を与えるという発想は今迄ありませんでした。 肌は透明感が出て、荒れにくくなりました。これからも使い続けようと思います。
T・Y様
なんと、化粧水〜美容液、乳液の使い方、NGだらけでした!!!お陰さまで、付け方を変えただけで肌への浸透が変わってキメが細かくメイクも薄くなりました♪乳液と美容液今まで別々に使ってましたが、まぜた方が馴染みますねー。どうもありがとうございました。
Y・Y様
三週間の部活を終え、わたしの肌はこの時季に起こりがちなピリピリSOSサインもなく、落ち着いています。 インスタグラムでの活動報告にも書きましたが、わたしが今回の部活を通じて得たもののキーワードは「安定感」です。 それはお肌、ひいては体の調子が良いという安定感と、お肌や体にいいことをしているという気持ちの面での安定感の両方です。 今回、あらためて心と体はつながっているなあと感じました。 たとえば、ジャスミンの香りの石けんを使ったときには気持ちがほぐれ、それと同時にお肌も整えられます。 お肌がきれいになれば気持ちもまた明るくなって… こんな風にサイクルを描いているように思います。 また、今回部活に参加したことで、子どものころから慣れ親しんだ健康食・お味噌汁を再び毎日いただく習慣がつき、最近少々後回しになってしまっていた体のケアにも意識が向くようになりました。 この部活は「スキンケア」「食事」「運動」の三本柱だったので、活動をした三週間を境に生活が全体的にが良いほうに変わった気がします。 ありがとうございました。
R・H様
おはようございます。 ソープと化粧水、 とても楽しく使っています。 香りがナチュラルで気持ちも上がるし、使い続けるとしっとり乾燥も気にならず調子がいいです。 23歳息子はニキビ、ニキビ跡で悩んでいますが一緒に使ってみてなんとなくですが調子がいいです。大きなニキビが出来なくなりました。 大学2年の娘も気に入って使っています? これからも菌活味噌汁やぬか漬けやヨーグルトなどで腸を整え、ウォーキングで運動続けて行きたいと思います。 肌フローラルケア部とても楽しく過ごすことができました。本当に有難うございました。
M・S様
今回はスキンケアを通して、ライフスタイルとともに見直すきっかけが出来た事にとても感謝しております。 戴きました2点のスキンケアで、肌が本来の健康的な柔らかさや、もっちり感が出てきた事を実感でしました。 日頃から食事、運動は意識して行っていますが、さらに丁寧に時間をかけて、より良い健康を求めていきたいと思います。 今回の企画に参加させていただき、本当にありがとうございます! これからもどうぞ宜しくお願い致します。
Y・T様
約3週間に渡って肌ケアの活動を行なってきて、実際に肌の変化を実感できました。 私は乾燥肌で活動前はネオナチュラルさんのスキンケアを使ってはいましたが、化粧水、乳液の一回の使用量が少ないのか、時間が経つと顔に粉をふいて乾燥してました。 今回スキンケア動画を見ながら毎日ちゃんとしたスキンケアをしたら、明らかに肌の乾燥が改善されたのを実感しました。朝のスキンケア後、化粧をした後にいつもならカサつきがあったのに今はしっとり感があります。 洗顔にジャスミンソープを使うと洗い上がりがしっとりとしていて、急いで化粧水をつけることがなくなりました。洗ってるときも良い匂い匂いともっちり泡に包まれて癒されました。 お味噌は毎日続けることはできませんでしまが、休みの日にお味噌汁を作って腸のことを考えながら食べたり、メルマガを読んで大豆に関しての知識を学ぶことができてとても参考になりました。これからもちょっとずつ続けていきます。 ヨガに関しては、寝つきはいいほうなのですが動画を見て実際にやってみると身体にいい感じの疲れを感じさらに寝つきが良くなったように感じます!笑 これからも独自で活動を続けて、さらなる肌の変化を実感していきたいと思います(^∇^)
M・T様
この度は、肌フローラ部に参加活動させていただき有難うございました。 活動するまでは常在菌を意識することなく(常在菌の存在を忘れてました)スキンケアをしてましたが、常在菌を意識するようになり、ゆらぎ肌が気になる季節、自分の肌を改めて見直すことができました。 腸内フローラでは、豆・豆製品の取り入れ方、当たり前のように食事にしていたけれど、『お腹にいいから、からだにいいから、お肌にいいから』と有り難く思いながら腸内の善玉菌を育むことで、腸内環境や肌への効果を実感できました。 運動編では、残念なことに足を挫傷していたのできちんとヨガはできなかったのですが、呼吸法は取り入れて、悩みだった寝つきの悪さや不眠が解消されました。 日常生活でもイライラする出来事があった時は呼吸法をして、自身をリラックスさせています。 活動期間が終わったからと『はい、終わり、また元の生活に!』ではなく、学び経験させていただいたことをこれからも続けていきます。 何年、何十年先の自分の姿に後悔しないように! また体験できる機会がありましたら、参加させていただきたく思います。 この度は、ご指導いただき誠に有難うございました。
N・K様
3週間の期間を終えて、肌がもっちり潤い透明感が出ました。 元々クレンジングオイルを愛用してましたが、石けんと化粧水を合わせて使う事によって、お肌が柔らかくなり、化粧水がぐんぐんと入っていくことが分かりました! また、スキンケア編、食事編、運動編を経て、身体の内側からのケアも必要だなと改めて思いました。 今まで肌の常在菌の存在を気にして居なかった事がとても勿体無かったなと思いました! これからもネオナチュラルのスキンケアと食事と運動を心がけて美肌を目指していきたいと思います。 またこのような機会があれば、参加させていただきたいです。 ありがとうございました!
M・N様
3週間の活動楽しませていただきました。 ヒーリングローションとフローラルジャスミンソープを使い出してお肌のキメが整ってきたように思います。 お肌が揺らぎにくくなりました。 1番効果があったのはお味噌汁。 みそ汁は毎日食べてたんですが、肌フローラケア部の活動でみその粒々を一緒に食べるようになって、1週間便秘なんでザラだった私が毎日出るようになりました!! 下剤を飲んで出すほどだったのにびっくりです!! 言い方が汚くてすみません。笑 そのおかげもあってか、お肌の調子もとても良いです。 でもほんとに感謝しております!! ありがとうございました!!
N・M様
こんばんは。肌フローラケア部、3週間モニターさせていただき、私が理想としている、自然治癒力を高めるケアが出来ている感じがしました。 と言うのも、ソープにしてもローションにしても、天然素材のもので、使い心地が優しいのと、使用後の肌が、余計なベタつきやテカリがなく、でも内からふっくらとしている感覚があったのです。 そして、食事と運動を意識するようにしたら、きっと身体や肌にいい事をしている…という気持ちが働いているからか、それがいい影響を与えていたと思います。 途中、花粉なのか、顔に痒みや吹出物が出ましたが、スキンケアも全く抵抗なく安心して使い続けられました。(何日かで収まりました) 美肌には、スキンケアだけでなく、食事や運動なども含め、心の状態も大切だと実感しました。 ヒーリングローションは、ほんとに大好きな天然の香りで、毎回癒されていました。 今回、とてもいい経験をさせていただきましたこと、改めてお礼申し上げます。 洗いすぎず、与えすぎない!シンプルな育菌ケアで、これからもツヤ肌目指していきたいと思います。ありがとうございました。

S・M様
今回はモニターに選んでいただきありがとうございました。 まず3段階に分かれていて、週毎にレッスン内容が増えていくのは負担がなくてやりやすかったです! 食事も運動も難しくなかったので、日常に取り入れやすく楽しめました。 変化が感じられたのは、まず、肌。いつも季節に関係なく寝起きの皮脂が気になってたのですが、今は程よいサラサラ感としっとり感!この加減が絶妙!! メイクのノリも変わりました。おでこと小鼻の皮脂が明らかに減り、化粧崩れもしにくくなって メイク直しがほぼなしに(*^^*) 身体は夜ヨガで、スッと眠りに入れるようになり驚きました。 今までストレッチはしてましたが、呼吸を意識するだけで ここまで違うのかと!今も続けており、寝つきが良くなってきてます! 食事は、他の方の投稿を見て『お味噌汁を毎日頂いてない人が多いんだ』と知り ジェネレーションギャップを感じました(◎-◎;) 私にとっては毎日食していて身近すぎて 当たり前すぎる食材だったので、改めてお味噌の大切さを感じました。 ソイフード以外にも、もっともっと知りたかったです(^_^)




皮膚常在菌の復習はこちらから


↓  ↓  ↓
健やかな肌の秘訣は美肌菌
皮膚常在菌 皮膚常在菌は、お肌の上で花畑のような生態系「肌フローラ」を作っています。肌フローラを構成する菌は、肌に良いことをしてくれる「善玉菌」、悪さをする「悪玉菌」。そして普段はおとなしいのに、免疫力が下がると悪さをし始める「日和見菌」の3種類がいます。

この菌の中でも善玉菌はお肌を保湿して乾燥から守ったり、紫外線ダメージから肌を守ったりといった働きをしてくれます。この<美肌菌>がきちんと働いてくれることが、健やかなお肌作りには欠かせないのです。
知ればもっとキレイ!皮膚常在菌Q&A
 Q、皮膚常在菌は何種類いるの?
A、分かっているだけで30種類以上です。

個数にすると1兆個以上の皮膚常在菌が、大人から子どもまで、誰の肌にでも住んでいます。善玉菌、いわゆる美肌菌は、お肌を刺激から守るために弱酸性の脂肪酸を作り出し、健やかに保ってくれます。悪玉菌はかゆみ、肌荒れ、アトピーの原因。善玉菌が少ないと増加します。不思議な働きをするのが日和見菌。代表的なのがアクネ菌です。ストレスなどで皮脂が増えると、ニキビなどの肌荒れの原因となります。この3種類のバランスを保つことが、美肌作りの鍵となります。
 Q、善玉菌はどんな働きをするの?
A、お肌の天然のバリアとなると同時に、弱酸性に保ってくれます。

バリアとなることで、紫外線のダメージや空気中の有害物質からお肌を守ります。また、皮膚の水分量を保つことで、乾燥からも守ってくれます。
 Q、善玉菌は何を栄養にしているの?
A、皮脂と汗です。

そのため、日頃から適度な運動などで汗をかくことが大切です。そして洗顔のときは余分な皮脂を落とさず、スキンケアで油分と水分を補うことで、肌の環境を整えましょう。逆に善玉菌が嫌いなものは、石油系の合成界面活性剤などの化学成分。それらは、常在菌を洗い流してしまいます。
知ればもっとキレイ!皮膚常在菌Q&A


\肌が元気になる美肌コラム/
 11/24 運動編 『美肌菌が喜ぶ秘訣は血流アップ』open


こんにちは。ネオナチュラル『肌フローラケア部』です。

今回はわたくし、ヨガインストラクターの蜷川智子がお届けします。


「スキンケア」「食事」に関しては、みなさんもうしっかり学ばれ、実践されていると思います。
そこに、「運動」が加われば、美肌菌はさらに元気になりますよ!

さて、美肌を維持するために運動をしている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
おそらくそれほど多くはないと思います。

「激しい運動が苦手」「忙しくて時間がない」などの理由から、運動を習慣にすることはなかなか難しいですよね。


でも、美肌のためには、毎日のスキンケアや健康的な食事と同じくらい大切なケアの一つです。


テレビで見る女性のスポーツ選手を思い浮かべてください。彼女たちの多くは肌がきれいだと思いませんか?


その理由は、運動をすることにより


◎体温が上がって血流が良くなる
◎新陳代謝が活発になって肌のすみずみまで栄養や酸素が行き渡る
◎若返りホルモンといわれる成長ホルモンが分泌される


からです。


さらに、この他にも美肌につながる嬉しい効果がたくさん!


例えば
【1】デトックス→お肌の老廃物を排出
【2】コリやむくみを解消&冷え性の改善→血流がよくなることで明るいお肌へ
【3】ストレス発散→お肌の新陳代謝を促す


などがあります。



━━━━━━━━━・・・
汗は常在菌のごちそう
・・・━━━━━━━━━


ご存知の通り、汗は皮膚常在菌の栄養源です。
寒い時季は汗をかく機会が減るため、常在菌がきちんと働ける環境づくりの一つとして、運動で汗をかき、常在菌のバランスを整えることが大切です。

その際は、表皮の温度が上がり、お肌がしっとりとする程度の運動でOKです。


おすすめなのが、

◎ヨガやストレッチ


家事や仕事の合間に、テレビを見ながら行うことができるので手軽に始められます。



━━━━━━━━━・・・
常在菌を育む<菌トレ>
・・・━━━━━━━━━


そこで、1日の身体の状態に合わせて行う3つのヨガとストレッチをお伝えします。


レッスンの間は、


鼻から息を吸いお腹を膨らませ

鼻からゆっくり息を吐きながらお腹をへこませる


腹式呼吸を心掛けてください。


\全身の血流アップで美肌菌を元気に!/
【朝編:目覚めのヨガストレッチ】


\成長ホルモンを分泌させ美肌効果アップ/
【昼編:代謝を上げるハーフスクワット】


\身体をほぐし、ぐっすり眠りましょう♪/
【夜編:心体満足リラックスヨガ】


1日で肌に効果が現れるとは限りませんが、まず先に、身体の変化を感じられるはずです。
筋肉の量が増えると、基礎代謝と体温がアップし、それにともない美肌菌のエサとなる肌の水分量が増え、油分も作られやすくなります。


早く結果を出そうと自分の体力以上に動かす必要はありません。まずは気持ちいいと感じる範囲で行いましょう。

いかがでしたか?

これで「運動編」は終了です。

これまでにお伝えしてきた、美肌菌を元気にする「スキンケア」「食事」のレッスンに加え、「運動」を習慣づけて、自ら潤う素肌を手に入れてくださいね。


 11/17 食事編 『肌フローラとみそパワー』open


こんにちは。ネオナチュラル『肌フローラケア部』です。

今回はわたくし、大豆料理研究家の坂東万有子がお届けします。


肌フローラプロジェクトも5日目。少しずつお肌に変化が出てきている頃でしょうか?


胃腸は5日、肌は28日、骨は90日―――。


わたしたちの細胞は日々生まれ変わります。

美肌と腸内環境は切っても切り離せない関係です。


腸内環境が整っていればしっかりと栄養を吸収することができ、美肌に欠かせない皮膚常在菌も元気に活動できます。


そんな理由から、美肌と腸内環境は切っても切り離せない関係です。


今回は『腸の育菌』がテーマです。

そして育菌女子に役立つソイフード(大豆食)のひとつ、「みそ」の上手な取り入れ方と簡単レシピをご紹介します。


━━━━━━━━━・・・
腸を温めて一日を元気にスタート
・・・━━━━━━━━━


まず基本的な食事内容について。

3度の食事をしっかり摂ってエネルギーを作り出し、体をあたためる食べ物で腸内温度を高めましょう。

低体温は善玉菌の大敵。


善玉菌が好む腸内温度は37℃、体表温度でいうと36℃です。


腸内温度が36℃以下になると今度は悪玉菌が好む温度になり、腸内環境が悪くなります。

皮膚常在菌も同様に、肌の表面の温度も下がるとその働きも低下してしまいます。


これから寒くなる季節は特に朝ごはんが大切です。みそ汁とご飯といった一汁一飯でもOK。

あたたかいみそ汁を飲めば体の芯から温まって体も常在菌も目覚め、1日を元気にスタートできます。

━━━━━━━━━・・・
お肌の材料は足りていますか?
・・・━━━━━━━━━


次に美肌のための栄養バランスについてです。


生野菜や果物をたくさん食べているのに調子が上がらない。。。


という方は、タンパク質の摂り方を見直してみましょう。


タンパク質はお肌はもちろん、内臓、免疫抗体の大切な材料です。

不足すると肌のターンオーバーの滞りや免疫力低下を招き、結果的に皮膚常在菌のバランスも崩れていきます。


タンパク質といえば肉類に偏りがちですが、消化しきれない肉類や脂肪は悪玉菌の大好物。

豆類・豆腐・大豆ミートなどのソイフードを上手に組み合わせることが大切です。


特にみそは熟成過程において大豆タンパク質が分解され、消化吸収しやすい状態にあり、少量でも効率よく取り込むことができるスグレモノです。


━━━━━━━━━・・・
お腹の善玉菌を増やしましょう
・・・━━━━━━━━━


積極的に腸内環境を整えたいなら、善玉菌の大好物である乳酸菌とオリゴ糖と食物繊維を摂りましょう。

中でも発酵食品のみそにはこれらの栄養素がたっぷり。


ヨーグルトやチーズに含まれる動物性乳酸菌は胃酸に弱いですが、漬物やみそに含まれる植物性乳酸菌は強く、生きたまま腸まで届きます。


みその原料である大豆に含まれるオリゴ糖と食物繊維も善玉菌を元気にします。


みそは一度にたくさん食べるものではありませんが、含有量でいうとゴボウと同じくらい多くの食物繊維が含まれていることをご存知ですか(100gあたり5.6〜6.5g)。


みそこし器を使って粒みそを溶くと澄んだみそ汁が出来上がりますが、こし器に残ったみその粒には、善玉菌の栄養になる食物繊維が豊富に残っています。


育菌女子のみなさまはぜひ粒のままで召し上がってくださいね。

━━━━━━━━━・・・
今日から始める
美肌を育む おみそ習慣
・・・━━━━━━━━━


そんな腸の育菌、そして美肌づくりにぴったりなおみそをもっと手軽に楽しめるレシピをご紹介します。


\見た目も可愛い/
==========
手作り即席みそ汁
みそ玉
==========


朝ごはん、お弁当、小腹が空いたときにお湯を注ぐだけで、美味しいおみそ汁がいただけます。

<材料> 1杯分 
生みそ・・大さじ1
粉末だし・・小さじ1/2
乾燥具(ワカメ、ネギ、麩)・・適量

<作り方>
材料を全て混ぜ合わせて丸め、ラップで包む。冷蔵庫で1週間保存OK。食べるときはマグカップやお椀に入れ、お湯160mlを注いでよく溶いて飲む。

●ポイント●

好みの具をトッピングしたり、野菜パウダーをまぶしたり。楽しんで!
見た目もとっても可愛くなりますよ♪
↓ ↓ ↓


\野菜が美味しく/
==========
みそディップ
==========

生野菜スティックや温野菜サラダに添えて

■ネギみそディップ 
<材料>2人分
生みそ・・大さじ1と1/2
みりん・・大さじ1/2
白ねぎ・・5cm
大葉・・1枚

<作り方>
白ねぎをみじん切り、大葉を千切りし、すべての材料と混ぜ合わせる。


■みそマヨナッツのディップ 
<材料>2人分
白みそ(西京みそなど)・・小さじ1
マヨネーズ・・大さじ1と1/2
好みのナッツ(無塩ロースト)・・10g

<作り方>
ナッツを細かく砕き、すべての材料と混ぜ合わせる。




●ポイント●


これらのレシピを実践する際には「みそ選び」も意識してみてください。

本来みそは乳酸菌や酵母が生きている食べ物で、発酵がすすむものです。

しかしみそを自家製する時代から店で買う時代になり、製品として出荷後に色の変質が見られたり発酵のガスで包装がぱんぱんに膨れたりすると消費者が嫌がるため、発酵を止める目的で酒精(アルコール)添加した製品が多く出回っています。


また「だし入り」は品質保持を目的に火入れをするため乳産菌類は死滅します。

それもひとつの工夫ですが、生きた乳酸菌類を取り入れたいならば『天然醸造の生みそ』を。


◎原材料に酒精やだしが使われていない

◎容器にみそが呼吸するための空気穴がついている


などが選ぶ際のポイントです。


同様に、おみそ汁は煮立て続けないようにしましょう。熱を加え続けると香りが飛ぶのはもちろん、熱に弱い乳酸菌や酵母も死滅してしまいます。鍋でみそ汁を作るときは弱火にし、溶き入れたら火を切りましょう。


習慣を変えれば結果は変わります。腸内フローラが整った育菌女子を目指して一緒にがんばりましょう♪

次回は運動編。手軽にできる「ヨガ体操」をお届けします。お楽しみに(^^)


 11/13 スキンケア編 『大切なのは基本のステップ♪』 o


さて、いよいよ『肌フローラケア部』の活動スタートです!
今日から3週間、一緒に美肌習慣を身につけましょう。

今週のテーマは、私、ネオナチュラルスキンケアアドバイザーの笹ますみが担当する
「皮膚常在菌を育むスキンケア」。

◎「善玉菌」 ◎「悪玉菌」 ◎「日和見菌」

の3種類。

この中でも「善玉菌」が元気に働くことが、美肌作りには欠かせません。

善玉菌の役割は、

○紫外線やホコリなど、外的な刺激からお肌を守る<天然のバリア>となる
○皮膚の水分量を保ち、乾燥から防いでくれる

など。

そして、皮脂と汗をエサ(栄養)に、天然の保湿クリームを作り出してくれます。

この善玉菌が活発に働いてくれていれば、特別なスキンケアはいらないと言えるほど、大切な役割をしているのです。


━━━━━━━━━・・・
清潔志向は美肌の大敵!?
・・・━━━━━━━━━


でも実際は、肌の悩みが尽きない方々が多くいらっしゃるのが事実。

それは、この善玉菌の働きを低下させる原因が、日常生活にはあふれているからです。

例えば


×合成界面活性剤や防腐剤などの化学成分

ある研究で、これらの化学成分が善玉菌を殺菌し、肌のバリア機能を低下させてしまうことが分かってきています。

化学成分が使われた洗顔料やクレンジング剤は、善玉菌の栄養となる汗や皮脂まで洗い流してしまうため、使い続けるほど、肌はどんどん潤いを失ってしまうのです。


ほかには


×洗いすぎなどの「清潔志向」

も肌にとっては必ずしもいいことばかりとは言えません。

現代は何かと殺菌・滅菌などの「清潔志向」に傾きがちですが、あまり神経質になりすぎると、人の体にとって必要な菌まで取り除いてしまいます。

また、外的な要因だけではなく、


×善玉菌は、年齢とともに減少する

ことも最新の研究で分かってきています。


━━━━━━━━━・・・
善玉菌が喜ぶスキンケアレッスン
・・・━━━━━━━━━


それでは、善玉菌が5年後、10年後も元気でいられるために、美肌レッスンをスタートしましょう♪

まずは、


【1. クレンジング】

石けんでは落とせないくらいしっかりとメイクをした場合は、クレンジングでメイク汚れを浮かせます。

その時に大切なのは、自然成分100%のメイク落としで手早く汚れを浮かせること。
石油由来の合成界面活性剤などが使われているクレンジング剤は、善玉菌まで洗い流し、皮脂バリアを壊してしまうので極力避けることをおすすめします。
クレンジング後のつっぱりや乾燥の原因にもなってしまいます。


クレンジングはあくまでメイク汚れを浮かせることが役目ですので、マッサージは厳禁!
お肌の負担にならないように、指先に圧力をかけないで、呼吸のリズムで優しくらせんを描くようにメイクを浮かせましょう。メイクが浮いてきたらすぐに洗い流すことも大切です。


【2. 洗顔】

洗顔は石けんがおすすめ。
石けんは、洗顔後にお肌に多少残っても、その成分の一部が皮脂となじみ、肌バリアとなって乾燥などを防いでくれます。


一方で化学成分が使われた洗顔料は、殺菌作用が強く、善玉菌まで洗い流してしまいます。
さらに、強い殺菌力をもった成分は洗顔後もお肌に残りやすいため、善玉菌の働きを低下させ、肌荒れや乾燥などの肌トラブルを招いてしまいます。


敏感肌の方の多くが石けんを使われているのには、このような理由があるからなのですね。

美容部員歴17年の日々を振り返って感じることは、スキンケアというと、汚れを落とすステップでじっくりと時間をかけすぎてしまう方が多くいらっしゃるということです。

でも、このステップを優しく手早く行うことが、善玉菌が元気に働くお肌作りのためにはとっても重要!

しっかり覚えて、実践してくださいね。

それでは次のステップです。


【3. 洗顔後のスキンケア】

洗顔後は、

化粧水

美容液

より保湿をしたい場合は乳液やオイル

と進みましょう。

そのときに大切なのが、スキンケア製品の成分です。
おすすめは、古くからスキンケア素材として親しまれてきた成分が使われたアイテムを選ぶことです。

長い間使われてきた理由に、人々が自らの肌で実感してきた美肌効果、つまり善玉菌を活性化させる作用があるからです。


例えば江戸時代から「美人水」として親しまれてきたヘチマは、美肌効果が高い成分の一つ。
ネオナチュラルの人気製品「ヒーリングローション」にも、有機栽培したヘチマ水、それに、月桃やローズ水など、善玉菌が喜ぶ自然素材がたっぷりと使われています。


▼ ヒーリングローションの詳細はこちら ▼
https://www.neo-natural.com/fs/life/c/81

よりシンプルなものがお好みなら、ヘチマ水100%の化粧水「美百水」もおすすめです。


▼ 美百水の詳細はこちら ▼
https://www.neo-natural.com/fs/life/c/bh


手を温めてから、500円玉くらいの量を取り、お顔を包み込むようにハンドプレスしながらつけてくださいね。

善玉菌の知識を深め、基本のスキンケアを学んだら、
いよいよ動画講座です。


今回は、うっかりやってしまいがちな、善玉菌の働きを弱める<NGスキンケア法>もキビシくチェックしますよ。
今日から早速実践してくださいね。

▼ 動画はこちら ▼

NG!洗顔法

NG!化粧水編

NG!乳液・美容液編


━━━━━━━━━・・・
オイル美容のススメ
・・・━━━━━━━━━


最後に、最近流行しているオイル美容について豆知識をお伝えします。

流行しているといっても、オイルの選び方が分からないという方は多いのでは?

ポイントは、<人の皮脂組成に近くなるように複数の植物オイルをブレンドしたもの>を選ぶことです。
善玉菌のエサは皮脂ですから、こういったオイルを使えば、善玉菌はより一層元気になってくれますよ。


さらに、ブレンドオイルは肌なじみがよく、スキンケアの最後に使えばお肌はふっくら。
逆に最初に少量を使えば、その後に使うスキンケアの美容成分を角質層までスムーズに届けてくれます。

それでは、美肌レッスン「スキンケア編」は終了です。

肌フローラケアプロジェクト