TOP > 肌のしくみを活かす > 農家や生産者の方とともに作っています > 有機JAS認定月桃農園

有機JAS認定月桃農園

Larネオナチュラルシリーズの特徴の一つは、お肌も心も癒す自然でやさしい香りです。その香りのもととなる自然素材が、沖縄の強い日差しを浴びてパワフルに育つ月桃。月桃農園では、150キロの葉からたったコップ半分ほどしか採れない月桃油などを丁寧に蒸留しています。

有機JAS認定月桃農園

美しい海に囲まれた離島に農園はあります

沖縄の那覇空港から車で約1時間かけて浜比嘉島(はまひがじま)にある月桃農園に向かいます。農園は、農薬散布の影響を受けないように、他の畑とは隔離された離れ島で栽培をしています。
昔は完全な離島でしたが、今は橋でつながっているので、車でも行けます。島の周りは珊瑚礁で囲まれた美しい島です。

美しい海に囲まれた離島に農園はあります

雑草が生い茂る有機農園

月桃農園に着くと、ここが農園??というくらいに雑草が生い茂っています。出来る限り人の手を加えないようにしているため、雑草も生い茂っているのです。色々な植物が勢いよく育つのは、土地が豊かな証拠! 自然の力を信じて生産しているのも有機JAS認定の月桃農園ならではと感じました。雑草の中でもやはり月桃のあざやかな緑色は目立っていました。

雑草を生い茂る有機農園
5,000坪の広大な敷地に月桃と雑草が生い茂っています。
雑草に負けない月桃の生命力を感じます。

5,000坪の農園での収穫

広大な5,000坪の月桃農園の敷地では、年間を通して収穫出来るようになっています。月桃の収穫と同時に雑草も処理して、月桃の茎を細かくしたものなど有機肥料を加えます。機械を使って収穫することも考えたそうですが、小さい苗を選別するには、やはり人の手が一番だそうです。特に夏はギラギラ照りつける太陽で過酷な作業になります。そのため収穫は早朝に行います。現地に着き早速、月桃の収穫をしました。勢いよく伸びる雑草をかき分け、繊維が強い月桃の収穫は想像以上に大変な作業でした。

雑草を刈ってから月桃を収穫します。小さな苗はそのまま残して、大きく成長した後で収穫します。
雑草を刈ってから月桃を収穫します。
小さな苗はそのまま残して、大きく成長した後で収穫します。

みんなで収穫。熱帯気候に体力を奪われ、汗だく、蚊にさされと大変な作業です。
みんなで収穫。熱帯気候に体力を奪われ、汗だく、蚊にさされと大変な作業です。

月桃の茎は繊維が強くて豊富なので、収穫に使うにはカマは1ヶ月ももたないそうです。
月桃の茎は繊維が強くて豊富なので、
収穫に使うにはカマは1ヶ月ももたないそうです。

150kgからコップ半分の月桃油を取り出す

収穫した月桃は?

収穫した月桃を工場へ運び、手作業で丁寧に茎と葉を切り分けます。

茎の太さが違うので、機械でやるより手作業の方がしっかりと切り分けることができます。
茎の太さが違うので、
機械でやるより手作業の方がしっかりと切り分けることができます。

月桃精油や月桃水を摂る

茎と葉に切り分けた葉の方を細かく裁断して月桃精油や月桃水を摂るための蒸留装置に入れます。

細かく裁断すると周りに月桃のさわやかな香りが漂います。
細かく裁断すると周りに月桃のさわやかな香りが漂います。

釜の状態

釜の中はこんな状態で、おおよそ150kgほどの月桃の葉が入っています。

月桃油は150sの月桃葉から、微量しか採取することができない希少なものです。
月桃油は150sの月桃葉から、微量しか採取することができない希少なものです。

月桃油は、一釜から蒸留してコップ半分程度

つまり月桃油は、この一釜から蒸留してコップ半分程度と少量しか出来ないんですよ。 また月桃蒸留水はこの釜から一定の量のみ採取すると決めています。それ以上に採取することも出来ますが、それだけ薄まってしまうこと、品質・香りが安定しないとのことで徹底して行っています。 採取した月桃水は植物がもつ抗菌力で3年以上経っても腐敗しないです。

蒸留したての月桃水をつけさせていただきました。さらっとすぐ浸透して、お肌がしっとりしました。
蒸留したての月桃水をつけさせていただきました。
さらっとすぐ浸透して、お肌がしっとりしました。

希少な月桃でお肌に力を与える喜び

月桃農園の皆さんとスタッフ
月桃農園の皆さんと
スタッフ

「一般的に出回っている月桃水は蒸留度が低く薄まっているものが多く、それが普通だと認知されています。しかし、私達は一番よい蒸留度を守っています。そうすることで、香り・品質ともに他の何よりも優れています。それがスキンケアに使われればお肌が元気になること間違いないと確信しています。」
自然のエネルギーに満ちあふれた場所で育った素材にはとても力があると思います。 皆さまのお肌にも月桃や植物が持つ力が伝われば嬉しいです。

月桃コラム

地球環境にやさしい植物「月桃」

月桃は生命力が強く、収穫後約1年でもとの大きさに成長するので、大量に収穫しても森林破壊などの環境破壊を起こす心配がありません。二酸化炭素の吸収力も非常に強いと言われています。また月桃はあますところなく使われます。月桃は無駄がなく、地球環境にやさしい植物なのです。

  • 【葉】水蒸気蒸留にて月桃精油・月桃水を抽出
  • 【茎】茎の繊維を利用して紙に加工、もしくは細かくして有機肥料として利用。
  • 【実】月桃のお茶に加工。さわやかな香りとコクのある味。

スタッフ(身長160p)と月桃の背比べ

  • 植えつけから約1ヶ月後
    植えつけから約1ヶ月後
  • 約3ヶ月後
    約3ヶ月後
  • 8〜12ヶ月程度で2m以上に
    8〜12ヶ月程度で2m以上に

沖縄の暮らしの側に「月桃」

様々な力を持つ月桃

防虫、抗菌、防かび効果や、胃や腸の働きを整える力があるなど様々な力を持つ月桃。沖縄では身近な植物として古くから利用され、欠かせないものになっています。

例えば、月桃の抗菌性が高いことを利用して、ちまき(ムーチー)を包む葉として使っています。月桃の葉で包むことで中の餅が腐りにくくなります。家族の健康や子どもの成長を願って食べる沖縄伝統の食べ物ですが、1年吊るしたままでもカビが発生しないと言われています。

月桃の力をスキンケアに

Larネオナチュラルシリーズのスキンケアで必ず使っている「月桃」。Larとは、自然素材【ヘチマ(Loofah)・月桃(Alpinia)・ローズ(Rose)】の頭文字。月桃は、 お肌にうるおいと柔軟性を与え、すこやかに整える素材です。

  • ヒーリングローション

    ヒーリングローション

    自らふっくら潤い輝く肌にするために。水さえ一滴も加えず、100%植物の力でつくりあげました。

    詳細はこちら

  • モイスチャーライザー

    モイスチャーライザー

    化学成分を使わないから肌にやさしく、さらさら仕上がりのうるおい保湿乳液。

    詳細はこちら

  • ピュアエクストラクト一白桃(いちはくとう)

    ピュアエクストラクト一白桃(いちはくとう)

    20種の植物エキスが肌のキメを整え、ハリのある肌を保ちます。

    詳細はこちら

  • ボタニックオイル

    ボタニックオイル

    椿油など11種の良質な植物オイルと有機ヘチマのエキスをブレンドした美容オイル。肌、髪、全身の保湿に。

    詳細はこちら

  • ヒーリングソープ一白桃(いちはくとう)

    ヒーリングソープ一白桃(いちはくとう)

    月桃、ヘチマなど13種の植物が敏感肌、乾燥肌を優しく洗い上げます。

    詳細はこちら

  • モイストクレンジングオイル

    モイストクレンジングオイル

    水で洗い流せる肌にやさしい自然素材100%のクレンジングオイル。

    詳細はこちら

上記の商品以外からもお選びいただけます。

商品一覧