TOP > 私たちについて > 農商工等連携 認定

農商工等連携 認定

農商工等連携 認定
皆様とネオナチュラルで認定を受けることが出来ました!

2011年12月2日(金)
「農商工連携・地域資源活用フォーラムinなごや」
に出店しました。

生産者と一緒に製品作りをする取り組み、製品が紹介されるこのフォーラム。ネオナチュラルも農商工連携の事例として出展、Larネオナチュラルシリーズのご紹介をさせていただきました。

認定について

概要

認定式の様子

100%自然素材でお肌の元気を引き出すLarネオナチュラルシリーズ。自然の力をかりてお肌を健やかに育むもので、素材の力というのはとても大切です。

ネオナチュラルが行っている『有機栽培のへちまを使用した自然派化粧品の製造・販売事業』が、 農林水産省、経済産業省より農商工等連携促進法に基づく事業の認定を受けました!

ネオナチュラル精神にピッタリの法律!?

ネオナチュラルの活動

ネオナチュラルの活動

ネオナチュラルの製品作りは素材の生産者(農業者)に実際にお会いして、その栽培〜製品企画・製造まで話し合いながら、より良い製品を作り上げていくという基本的姿勢を貫いております。
つまり農業生産者と連携してスキンケア製品を作っていく方法です。

  • へちまの里(2009/8/10報告)
    ここで栽培している元気なヘチマが大地から吸ったヘチマ水はLarネオナチュラルシリーズのベースとなります。
  • 沖縄月桃農園(2009/7/19報告)
    皆様もお馴染みの「月桃」を有機JAS認定の農園で栽培しています。
    ヒーリング効果もあり癒されながら、お肌を潤していく力がある沖縄のハーブ。
  • 飛騨清見ハーブ園(2009/8/12報告)
    無農薬栽培で育てたハーブは、香りもよく、イキイキとしています。
    ここのハーブを使った「ハーブのお風呂」はお肌もスベスベになると人気です。

※ブログ内でのキャンペーンは終了している場合がございます。ご了承下さい。

へちまの里沖縄月桃農園飛騨清見ハーブ園

農商工連携とは?

農商工連携とは?
各種支援策で国がサポート

ここで、少々小難しい話になりますが、実は日本には『農商工連携促進法』
(正確には「中小企業者と農林漁業者との連携による事業活動促進に関する法律」)という法律があり、これは農林水産省、経済産業省が「農商工等連携法」に基づき、中小企業者と農林水産事業者が協力して新商品などの開発に取り組む事業として認定するというものです。
これってまさしくネオナチュラルのやっている事!

皆様、生産者、ネオナチュラルの
結束力は強い!

皆様、生産者、ネオナチュラルの結束力は強い!

そこで、ネオナチュラルでは約1年かけて、Larネオナチュラルシリーズについてこの事業認定を目指してきました。
認定を受けるためには、事業の優秀性や、農業者と商工業者との連携、その事業のための様々な工夫、社会性などが問われます。

関係者との協議調整、申請者のとりまとめ、現場の視察、専門家・一般代表者の審査員様への公聴会などなど、、、

また9月には、皆様にヒアリングシート作成のために、商品のご感想を募集し 大変多くの皆様にご協力頂きました。
改めまして御礼申し上げます。

認定を受けました!

農工商等連携事業計画 認定書発行式

そして、ようやく2009年12月10日に、認定を受けることが出来ました。
12月10日、ネオナチュラルスタッフ、生産者のへちまの里の皆さんと 認定式に行ってきました!

認定式の様子1

この認定を受けるため長い間準備をしてきただけに、感慨深いものがありました。
認定式を終えたところで、ほぉっと一息。緊張もとけました!

認定式の様子2

生産者の瀧田さんと高柳。熱く硬い絆です!よりお肌にいいものを作りたい!両者の思いは同じです。
NHK、地元テレビ局の取材の方がたくさんいらしゃいました。
取材している方もネオナチュラルの製品を興味深く手に取って見て頂きました。

認定式の様子3

高柳、スタッフ吉田がインタビューに応じ、Larネオナチュラルシリーズに寄せる思いは熱く、語り出すと止まらない二人は永遠と話が続きます。最後はスタッフ全員で記念撮影!

農林水産省、経済産業省認定事業

農林水産省、経済産業省認定事業

ネオナチュラルが行う『有機栽培のへちまを使用した自然派化粧品の製造・販売事業』は、社会的価値が高い事業として農林水産省、経済産業省より認定を受け、国が発行するいろいろな広報物やイベントに参加出来たり、さらに製品の研究開発などの費用を国から援助してもらうなどのバックアップを得ることが出来るのです。