TOP > 肌のしくみを活かす > 肌トラブルを防ぐ正しい「洗顔」と「クレンジング」

肌トラブルを防ぐ正しい「洗顔」と「クレンジング」

スキンケアの3つの基本とは、「清潔にする」「保湿する」「紫外線対策」の3つです。この「清潔にする」「保湿する」「紫外線対策」をしっかり理解していくと、あなたの今後のスキンケアがかなりやさしくなるはずです。 今回は、「清潔にする」について、わかりやすく説明します。

清潔にする/保湿する/紫外線対策

お肌のバリアを壊すゴシゴシ洗い

よく誤解する方が多いのですが、「清潔」と言っても肌をゴシゴシ洗ったり、消毒したりするわけではありません。もし、そんなことをしてしまうと肌のバリアが無くなり、肌の内部にバイ菌を招き入れてしまうことになります。スキンケアにとって過剰な清潔志向は逆効果なのです。

スキンケアの基本<清潔にする>を見直そう

スキンケアにとって「清潔にする」とは、「メイクや肌に付着した汚れを取りつつ、肌バリアを保つ」こと。つまり、バイ菌の侵入を防いでいる<善玉常在菌>が働くための環境を保つことが大切なのです。この<善玉常在菌>は外部から侵入するバイ菌をやっつけたり、分泌物で肌を弱酸性に保つという大切な役割をしているのです。

必要以上に清潔にしようとすると、肌にとって大切な皮脂分が取り去られてしまい(皮脂は善玉常在菌の栄養源です)肌のバリア機能を失ってしまいます。特に合成界面活性剤による<ケミカルウォッシュ>※を行うと、善玉常在菌もいなくなってしまうのです。

善玉常在菌の主な働き1善玉常在菌の主な働き2

一般的に合成界面活性剤は界面活性能力+殺菌能力があり、濃度が薄くなってもその能力が無くなることがありません。石けんは濃度が薄くなると石けん成分が水の中のミネラル分と結合し界面活性能力が失われます。これが、石けんが肌にも環境にも優しい理由です。

※ケミカルウォッシュとは?
ここでは合成界面活性剤を用いた洗顔の事。ジーンズの生地に使い込んだ風合いを出すために、漂白剤を使ってわざとまだら模様にする加工のこともケミカルウォッシュと呼ばれます。

清潔とは・・・?
洗顔はお肌にやさしい石けんか
水、ぬるま湯で

メイクはモイストクレンジングオイル+石けん洗顔で

メイクが肌に残ると、毛穴が詰まって呼吸が出来なくなり、肌に悪影響を及ぼします。さらに、現代の生活では空気中に浮遊するチリが肌にどんどん付着してしまいます。そこで、オススメしたいのが「モイストクレンジングオイル」です。モイストクレンジングオイルがメイクを浮き上がらせるのは、植物オイルのブレンドで、肌の隙間に入っているメイクや汚れと、大小様々な大きさのオイルの粒子が置き換わるためです。

清潔とは・・・?

この方法は肌に負担がかからず、美容オイルの成分がお肌に美肌効果を与えます。つまり、秘密は美容オイルの独自のブレンドにあるのです。でも、モイストクレンジングオイルの役目はメーク汚れを溶かし出すことなので、水かぬるま湯で洗い流した後は石けんで洗顔をしてください。

清潔とは・・・?
洗った後もうるおうのは、
美容オイルで浮かすから

肌にやさしい「石けん」と「クレンジング」

  • 池田さんの石けん(馬油石けん)

    池田さんの石けん
    (馬油石けん)

    純国産馬油を使用。石けん職人池田さんが釜炊き法でつくる石けんやシャンプー。

    詳細はこちら

  • モイストクレンジングオイル

    モイスト
    クレンジングオイル

    水で洗い流せる肌にやさしい自然素材100%のクレンジングオイル。

    詳細はこちら

上記の商品以外からもお選びいただけます。

商品一覧