TOP > 肌のしくみを活かす > 肌トラブルを防ぐ正しい「保湿」

肌トラブルを防ぐ正しい「保湿」

スキンケアの3つの基本とは、「清潔にする」「保湿する」「紫外線対対策」の3つです。ここでは、今回は、皆さんが一番気にしている「保湿する」についてわかりやすく説明します。「保湿」を知る要点は、肌の構造をしっかり理解しておくことです。

トラブルに悩まない強い肌で

お肌の乾燥が進むと、中には「粉吹き状態」になってしまう方もおられます。おそらく、こうなってしまう方の90%は、洗顔またはメーク落としの時点で、肌に負担がかかる方法をとっている方です。もし心配なら、肌トラブルを防ぐ正しい「洗顔」と「クレンジング」をご覧になってください。

お肌の表面は<角層>という、<真皮層>から徐々に浮き上がってきた角質細胞の層で被われています。そしてその隙間は、<細胞間脂質>という脂質と水分が折り重なった状態で満たされており、角質細胞とともに肌バリアを形成しているのです。すこやかな肌の場合は角質細胞は規則正しく並んでいます。

あなたの肌は乾燥していませんか?
季節の変わり目などに、あなたのお肌は乾燥していませんか?

「粉吹き」とはどんな状態のこと?

「粉吹き」状態とは、この細胞間脂質が無くなり、角質細胞がめくれ上がって剥がれてしまった状態のことです。粉吹き状態の肌はバリア機能が働かないため、刺激やバイ菌にも非常に弱い状態で、様々な肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。

すこやかな肌の理想は、お風呂に入ったときにお湯が弾くようにコロコロ転がるお肌です。角層に細胞間脂質がしっかり満たされ肌バリアがしっかり働いていると、水分もバイ菌もはじき返します。逆にバリアが壊れた肌は水で濡れると弾かずベタッとしてしまいます。こういう方は肌の表面のきめが整わず(つまり肌荒れ状態)、刺激にも弱く、さらには肌の内部にもダメージを受けてしまうのです。

健康な肌と粉ふき状態の肌

つまり「保湿」とは、「細胞間脂質を保つこと」「角層のコンディション管理」なのです。逆に、何もしなくても細胞間脂質がしっかりしている方は「保湿」しなくてもいいのです。でも特に女性の場合は、メイクを落とす際に負担がかかりますし、間違った洗顔法や、生活から来るストレスでコンディションが乱れがちになります。だから、ほとんどの方の場合「保湿」が大変重要になるのです。

清潔とは・・・?
理想は水を弾く肌

保湿スキンケアで大切なこと

保湿は細胞間脂質を補うことが目的なので、クリームやオイル、乳液など保湿するスキンケアは様々にありますが、細胞間脂質の元となる人間の皮脂成分に近い成分で行うことが理想です。

また、日本人が古くから愛用してきた、伝統的な素材を使ったスキンケアも、すこやかなお肌のためには欠かせません。なぜなら、その美肌効果や安全性が実証されてきたからです。ネオナチュラルのおすすめは<へちま>や<馬油>。どちらも、スキンケアだけではなく民間療法としても使われてきた伝統素材です。特に敏感になりがちなお肌にやさしく働きかけ、長く使うことで、根本から健康なお肌へ導きます。

肌トラブルを防ぐ伝統素材の保湿スキンケア

  • ネオナチュラル馬油クリーム+

    ネオナチュラル
    馬油クリーム+

    馬油100%だから、シンプルに保湿ケアをしたい方におすすめ。顔だけでなくハンドケアやボディケアにも。

    詳細はこちら

  • ヒーリングローション

    ヒーリングローション

    自らふっくら潤い輝く肌にするために。水さえ一滴も加えず、100%植物の力でつくりあげました。

    詳細はこちら