2017稲刈り祭(後編)

2017稲刈り祭(前編)はこちら
https://www.neo-natural.com/lib/?p=297
さて、気持ちよく稲刈りが終わった後は
お楽しみのお昼。
稲刈りで身体を動かして、とても気持ちが良い野山を眺めながらの昼食は
それだけでも最高の昼食です。
今回のお弁当は、地元母袋(もたい)ので収穫した食材を中心にした<秋の味覚弁当>
ご飯はもちろん、昨年この農場で収穫した小次郎米です。


栗ご飯が最高です!


小次郎米は、もちろん有機栽培ですが、味も本当に美味しくて、特にご飯が冷えても美味しいんです。
だからこういったお弁当のご飯には最適なんですよ。
恒例の鮎の塩焼き、それに美味しさ抜群、具だくさんの豚汁もあります。
左手に鮎の塩焼き
右手は、泡が出る麦茶???  最高ですね!

子ども達も、こういう所ではばくばく食べちゃいます。

お昼の後一旦中締めの後は、地元百姓の会による五平餅体験。
この五平餅は、いつも郡上やまとの朝市で大人気のエゴマ入り五平餅です。
始まった途端、五平餅作りの廻りに大勢集まって、本当に賑やか。
ご飯を串に刺して、味噌を塗って、囲炉裏の炭火で焼いていきます。
皆さんとても楽しく、そして美味しくいただきました。




エゴマもたっぷりで
健康にも良さそうですね。

香ばしさがたまりませんって!

刈り取ったい稲は、脱穀作業を行う予定です。
もしお時間がある方は、また作業にもご参加くださいね。

またのご参加を
スタッフ一同、お待ちしております。