【9月農場便り】ヘチマで秋のお肌いたわり隊!

┌ 9月の農場便り^^ ┐

こんにちは。
ネオナチュラル母袋(もたい)有機農場@お肌いたわり隊長こと北瀬です!

先週は『中秋の名月』でしたね。
農場は曇りでしたが、少し晴れ間があったので、綺麗な満月をみることができました!

ヘチマ水やお米の豊作を祈りながら、ススキとお団子をお供えしましたよ♪

さて毎年、中秋の名月あたりに収穫をしているヘチマ水。
今年も収穫がスタートしました!

5月に畑へ植え付けたヘチマが、今では畑いっぱいに茎を伸ばして広がり、一面が青々とした葉で覆われています。

そのながーく伸びたヘチマの茎を切ると、そこから透明でさらりとした雫(しずく)がポタポタ。
それはまさに、ヘチマが自分の命をかけて出してくれる生命の恵。

地域の方々と一緒に、茎を一升瓶に差し込み、そこにヘチマ水をためて収穫していきます。

収穫作業をしていると手がスベスベになってくるのですが、実は飲むこともできます!

ひとつの株から、一日で一升瓶がいっぱいになるほど収穫できるので、溢れないうちに、朝晩と一升瓶を回収して、大きなタンクに移します。

その後ヘチマ水は、12か月丹念に熟成させ、スキンケアアイテムへと変身!

この時季になると、みんなで育て収穫したヘチマ水を、スキンケアに使うことができて、なんだかとっても贅沢だな~としみじみ感じています
(^-^)

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

そんな12か月熟成有機ヘチマ水をダイレクトに感じられる「美百水」「美百石けん」は季節の変わり目に取り入れてほしいスキンケア。

敏感になっているお肌や夏のアフターサンケアにおすすめです!

特に、水の代わりにヘチマ水を使って作っているこだわりの「美百石けん」は、ひとつで顔も体も洗えて潤う優れもの。

まるで化粧水を付けた後のような洗い上がりで、つっぱらないのがお肌の敏感なこの時季に嬉しいポイントです。

\ヘチマ水がたーっぷり!「美百石けん」/
https://www.neo-natural.com/fs/life/c/soap_bh

肌本来の常在菌を活かすように考えて作っているので、自然にすこやかなお肌を保ってくれますよ。

香りは、ハッカとヒノキですっきり清々しい感じです。
私はこの香りで深呼吸しながら、バスタイムを過ごすのもお気に入り
(^^)

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

そして、お風呂上りは気分で選べる馬油クリームでしっかり保湿。

〇フラットな気分のデイリーケアには無臭の「馬油クリーム+」
〇リラックス気分でハーブを感じたい時は「ニコリベビークリーム」

\気分で選んでね♪馬油クリーム/
https://www.neo-natural.com/item/neobayu/

馬油は、奈良時代から使われている伝統的なもので、人のお肌にやさしく、肌なじみがいいと愛されてきたもの。

農作業で日に当たることが多い私たちにももってこいのアイテム。
アフターUVケアにも効果的なんです。

すごく乾燥している時は、レスキューケア☆
洗顔のあと、化粧水の前にパール1粒大の馬油クリームを塗ってからいつものスキンケアをするだけ。

私にとって馬油はお守りのような存在です。

⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒

農場は今まさに、ヘチマ祭り!といった感じで、ヘチマ水だけでなく、スキンケア用のヘチマの実を収穫したり、ヘチマを料理して食べたり、ヘチマたわしを作ったり・・・

スタッフも各々楽しんでいます
(*’▽’)

ヘチマ水の収穫の様子もブログにアップしていますので、ぜひご覧ください。
https://www.neo-natural.com/lib/?cat=6

次回のメルマガでは、「秋肌保湿ケア」をお届けします。

それでは、母袋有機農場から北瀬でした。