AKAYAプロジェクト
■AKAYAプロジェクト
首都圏の水源・利根川上流の1万haの国有林「赤谷の森」で、生物多様性保全と持続的な地域社会の構築を目指して、地域住民、林野庁、NACS-Jの3者協働で森林管理計画を作成するプロジェクトです。2009年度は過去6年間の植生・猛禽(もうきん)・哺乳類などの調査成果から、赤谷の森の生態系の健康診断を行い、人工林の大半を自然林に戻すなど、今後の森のあるべき姿を3者協働で取りまとめた「赤谷の森・基本構想」を発表しました。
AKAYAプロジェクトについて、詳細はこちら
[ 閉じる ]