アトピー性皮膚炎と化粧品【水ぶくれ化粧水の問題点】

アトピー性皮膚炎とスキンケア(石鹸/化粧品)

トップページ > 『水ぶくれ化粧水』の問題点

アトピー性皮膚炎と化粧品


■・・・<水ぶくれ化粧水>の問題点

化粧品が問題だ
 この仕組みの化粧水で問題なのは

1.本来自分で水分を出し潤っていた肌に、強制的に水分を送り込まれるので、自分で水分を分泌する能力が衰退してしまう。

人間は、寒いところに住んでいれば、寒さに対応できる身体になり、暑いところに住んでいれば暑さに耐えられる身体になります。つまり環境に順応するんです。
肌も同じ。何時も水分を外から送り込まれる肌は、
「あー、もう頑張らなくていいんだ、や〜めた!」
ということになり、自分で潤う能力はなくなってしまうのです。そうなると当然ターンオーバー(新陳代謝能力)も落ちていきます。

2.合成界面活性剤も一緒に肌の内部に浸透し、その能力を失わない。

一般的に天然界面活性剤といわれる石鹸は、肌の上に残留した場合他の成分と結合し、界面活性能力を失い無害化します。しかし合成界面活性剤は肌に残留してもその能力は失われません。そんな物を肌の内部にため込んでいっていいのでしょうか?


3.合成界面活性剤と一緒に、不必要な成分も肌の中に入っていってしまう。

よく化粧水をつけるときに不潔な状態だと、危ないッテ話を聞きますよね。コレはその通り、危ないのです。
化粧品問題
普通、泥んこの中に入っても多少不潔にしていても肌には自然のバリアが働いていて何ともありません。
しかし、バリアを失った状態の肌は完全な無防備状態。ばい菌も汚れもどんどん肌の内部に吸い込んでいきます。肌の表面から剥がれ落ちるべき不要な古い角質や汚れまで、肌の隙間にへばりつく、なんて恐ろしい状況・・・考えるだけで恐ろしいですよね。


完全に人間の健康を守る機能を無視したやり方で、特にアトピー性皮膚炎でお悩みの方には、大変なリスクが伴います。
アトピー性皮膚炎は、一種のアレルギーですから、様々な成分に対してアレルギーを起こす可能性があります。化粧水に含まれる成分だけでも怖いのに、それ以外にも色々な物質が肌に入り込むリスクを背負うことになってしまいます。


■・・・さらに化粧品メーカーは考えました


化粧品メーカー合成界面活性剤でバリアを破壊された肌には、外部の刺激から肌の内部を守る能力はなくなってしまいます。さらに化粧品メーカーにとっても大きな問題があります。
それは、破壊されたバリアは自分で元に戻ることが出来ず<せっかく送り込んだ水分がすぐに蒸発して乾燥してしまう>という現象が起こります。
そこで考えられたのが、合成ポリマーの配合。
破壊されたバリアのかわりに、合成ポリマーで肌の表面に幕を張って水分の蒸発を防ぎ<水ぶくれ>状態を保ちます。

使ったとたんに、「この化粧水、すごくいい感じ♪」
なんて思う化粧水は、例外なくこういう仕組みの<水ぶくれ>化粧水なのです。


アトピー性皮膚炎の場合、皮脂分泌が少なく乾燥しやすいという特徴があります。
この乾燥によりバリア機能が働かず、外部の刺激にも弱いのです。
乾燥するからといって、潤いを求めて<水ぶくれ>化粧水を用いてしまうと、大変なことになってしまいます。

よく化粧品メーカーは、「この化粧水の成分はアレルギーテスト済みで安全です」というけれど、配合されている成分に問題がなくても化粧水の仕組みを考えれば使用すべき物ではない、ということは充分おわかりいただけると思います。


      だったら、どんな物を使えばいいの?

 これでいいのかスキンケア
 本当にお肌がほしがっている物は?
 アトピー性皮膚炎』について
 『健康な肌』のための基礎知識

 ニキビ、吹き出物で困った・・・
 『健康な肌』のための石けん

 水ぶくれ化粧水
 水ぶくれ化粧水の問題点
 どんな物を使えばいいの?
 補足

[トップページ]

赤ちゃんと子どものアトピー&アレルギーBOOK

アトピー/アレルギー主婦の友社 (編集), 永倉 俊和
¥ 1,155 (税込)
カサカサ、カユカユのアトピー赤ちゃんは、本人もママもつらい。でも、アトピー性皮膚炎は正しいケアで改善が期待できる皮膚炎。時間はかかるかもしれないけれど、あまり神経質にならず、過保護にもならず、“ほどよい”心配りでつきあっていきたいもの。そんなケアのコツがこの本にはぎっしり詰まっている。

子どものアトピー、ぜん息、アレルギー 「免疫力」をつければ必ず治る―家庭で簡単にできる食・眠・運動習慣
アレルギー/免疫力福田 稔、伊藤 泰雄
¥ 1,365 (税込)
今話題の「免疫力」は子ども時代にしっかり身につけることが大事。「爪もみ療法」の福田先生が、アトピー、ぜん息、アレルギーをはじめとする子どもの免疫力低下による病気を治し、強い体を家庭で作る方法を教えます。
食用油には危険がいっぱい!―うつ病・アトピー・ぜんそく…現代病から命を守る油の選び方

アトピーぜんそく氏家 京子 (著)
¥ 1,575 (税込)
油と脂肪はどうちがうの? 血液をサラサラにしてくれる油を摂ろう! 脂肪がつきにくい「健康油」は健康的? 油に含まれている脂肪酸の種類とその重要性、健康を考えた食用油の選び方や使い方などを紹介。

たまひよ赤ちゃん・子どものアトピー&アレルギー大百科―ひよこクラブ

アトピー/アレルギー末広 豊, 伊藤 節子, 宇理須 厚雄¥ 1,365 (税込)
アトピー、食物アレルギー、気管支ぜんそくなどについて、正しい知識をもって上手につきあう方法を教える。症状を抑えるための世話と家事の工夫、離乳食での配慮、アレルギーに使う薬図鑑などを収録。

アトピー治療革命―取りもどせる!健康肌

藤沢 重樹 (著)
¥ 1,365 (税込)
アトピー治療の最新療法「脱ステ」から「脱軟」への流れを分かりやすく解説。豊富な診療実績から導き出した、体にやさしい自然治療法が分かる。長年アトピーに苦しむ患者さん必読。

アトピッ子のお料理ブック―卵・牛乳・大豆・小麦を使わない ママたちが考えたアレルギー食レシピ 
アトピーっこアレルギーの子を持つ親の会「かたつむり」 (編集), 小倉 英郎, 小倉 由紀子
¥ 1,680 (税込)
卵、牛乳、大豆、小麦をいっさい使わない「除去食」でありながら、おいしいのはもちろん、見た目にも豪華。アトピッ子が喜ぶこと間違いなしのお料理ばかりを紹介。


      だったら、どんな物を使えばいいの?

アトピーに負けない肌,スキンケアを考える(石鹸/化粧品)。アトピー/乾燥肌/ニキビ/脂性肌など疑問にお答えします。