GW限定クーポンプレゼント

GW限定クーポンプレゼント

\お米栽培編公開しました/

対象商品お気に入り登録50件達成でポイント5倍

3週にわたって紹介する、母袋有機農場での私たちの取り組みに「いいね」と共感していただけたら、各週の対象商品の『お気に入り登録』をお願いいたします。期間中にお気に入り登録が50件以上つくと、翌週ポイント5倍に!

【お米栽培特集期間:6/24(月)朝10時迄】



私たちがスキンケア製品をつくるとき、まず一番に大切にしているのが素材の質。栄養たっぷりで美味しいお料理を作るように、ネオナチュラル製品の原料の多くは自社の有機農場で土作りから取り組んでいます。農薬に一切頼らない有機栽培は、天候の影響による生育のばらつきや除草など大変なところもありますが、より安全で優れた製品をお届けするために、夏の暑さにも、雨にも負けず大切に原料栽培を続けていきます!

そこで、今回は普段は見えない私たちの農場での取り組みを知っていただきたく、3週に渡り【各原料の栽培チーム】がこだわりの栽培方法を紹介します。みなさま一人一人のご理解と応援が、私たちの励みになります。ぜひ、応援よろしくお願いいたします!


ネオナチュラル三大原料を栽培する各チームの紹介

ネオナチュラルでは委託ではなく、スタッフ自らが栽培から収穫までの管理を行い、実際に農場で様々な農作業を3つのチームに分かれて行っています。

  • ikoma

    江戸時代から伝わる『美人水』
    ヘチマ水

    ネオナチュラルのほぼ全製品に使用されるヘチマ水を有機栽培で土作り~収穫まで行います。驚きの浸透力で、ヘチマにしかない9種類のサポニンが、キメを整え、瑞々しい肌へと導きます。

    asakura 【得意な作業】
    ヘチマ水収穫瓶設置

    ヘチマ栽培編

  • ikoma

    やさしく香り、肌荒れを防ぐ
    ラベンダー
    カモミール

    Natures forやneobaby製品、はだ恵りに使われるオーガニック美肌素材。ハーブが一番香り高いタイミングに収穫します。肌荒れを防ぎ、すこやかな肌を保ちます

    asakura
    【得意な作業】
    防草マルチ張りと穴あけ

    ハーブ栽培編

  • ikoma

    甘酒や石けんの主原料に
    お米

    完全自然農法で「こしひかり」「古代米」「もち米」の3種類のお米を栽培しています。風味や品質が変わらぬよう田起こし~田植え・稲刈りまで徹底管理し、美容成分たっぷりのお米に仕上げます

    asakura【得意な作業】
    お米の苗に似た雑草(宇宙人)を素早く見分ける

2つの応援方法で、応援してください!

私たちの農場での取り組みに「いいね!」と共感していただけたら、下記2つの方法でネオナチュラルの取り組みへ応援をお願いいたします。

  • ヒーリングローション

    お気に入り登録で応援

    私たちのこだわり抜いた農業に「いいね」と共感したら、対象の商品を「お気に入り登録」お願いします。なんと・・・対象期間中に50お気に入り登録以上で、翌週に対象商品がポイント5倍に。

    詳細を見る

  • ヒーリングローション

    一緒に栽培作業の参加で応援

    スキンケア原料栽培の体験をして、「もっともっとネオナチュラルを応援したい!」という方は、『善玉菌リトリート施設 HOLY FUNGUS』 でぜひお待ちしております。体験会や農業アクティビティへのご参加絶賛募集中です!

    詳細を見る

『お米栽培』について
昔ながらの方法で、
確かな品質を

お米栽培の1年

ikoma

―堆肥まき、田起こし―

ikoma

雪が解け暖かくなる頃に自家製有機堆肥と牛糞を田んぼ一面に撒きます。堆肥を撒いてからトラクターで田起こしすれば、土に肥料を満遍なく混ぜこむことができて、土が空気をたくさん含むので、苗を植えたときに根の成長が促進されます。

初夏 ―田植え―

ikoma

例年5月末に田植えをします。自社農場では昔ながらの手植えで、コシヒカリ、もち米、古代米の3種の苗を植えていきます。完全無農薬の自然栽培で育てているので除草に大忙しです。除草を怠ると、お米の収量や風味に影響するので、ここは手を抜きません。

―稲刈り―

ikoma

10月中旬頃、稲作の集大成、稲刈りをします。手刈りと機械刈りで、稲穂が実った稲を丁寧に収穫します。刈り取った稲を天日干しする『稲架(はさ)掛け』という伝統的な方法で乾燥させます。

晩秋~冬 ―脱穀―

ikoma

2週間ほど天日干ししたら、稲穂から籾(もみ)を分離させる『脱穀』という作業をします。収穫した籾は乾燥させ、精米します。籾が外れた稲は、防草や冬越しに欠かせない藁として活用します。



こだわりポイント①
苗にもお肌にも良い『手植え』

HIRAO

ASAKURA

自社農場では、手植えを中心とした田植えを行っています。田んぼの土を踏むことで穴があき、そこに空気が入ることで土壌の環境が整うので、機械で植えるよりも苗の生長が安定します。さらに、田んぼの土壌の菌や微生物には、お肌に良いとされる美肌菌が多いと言われています。田植え後の除草も、土壌内に空気を取り込むため田んぼに入り、農薬には一切頼らず手で行います

ヒーリングローション

今年の田植え体験会も大成功

5月26日(日)に開催したHOLY FUNGUS オープニングイベント&田植え体験会2024は、ご愛用者様・施設ご利用者様、地元のみなさまにご協力いただき、無事終えることができました。私たちにとって田植えは、ネオナチュラルを支えてくださるみなさまと過ごせるとても貴重なイベントです。10月の稲刈りでもお会いできることを楽しみにしております♪


ヒーリングローション

田植え体験会ブログ



こだわりポイント②
タイミングが最も重要な『稲刈り』

HIRAO

ASAKURA

10月中旬頃、黄金色の稲穂が垂れ下がると稲刈りです。収穫が早すぎると収量が落ちてしまうし、遅すぎると籾が熟れすぎて風味や色味が落ちてしまい製品の仕上がりに影響します。稲刈りのベストタイミングを逃さぬよう注意して生長を見守ります実った籾を傷めないように昔ながらの手刈りと、手押し稲刈り機を使って丁寧に刈り取ります。刈り取った稲は藁や麻紐で束ね、その日に天日干しします。

ヒーリングローション



こだわりポイント③
手間を惜しまず、昔ながらの確かな方法で

HIRAO

ASAKURA

束ねた稲を組み木に架けて約2週間、天日(太陽光線)と自然風によって乾燥させます。この自然乾燥を『稲架(はさ)掛け』と言います。天日干しによってじっくり乾燥させたお米は、機械で高温乾燥させるよりも甘み、ツヤ、食感が格段に上がります。自社有機農場産の米は、『米ぬか白石けん』や『はだ恵り』の原材料となるため、安定した品質を保てるように、手間を惜しまずこだわり続けています。

ヒーリングローション

完全無農薬のお米の甘みをそのままぎゅっと濃縮

土作りから収穫まで自然栽培したお米は、米糀と有機果物やカモミールと一緒にじっくり発酵させて、おなかの環境を整える美活甘酒『はだ恵り~育~』へと生まれ変わります。お子さまの菌活や、美容健康の維持のため頑張る女性にも寄り添った、やさしい甘みに仕上げました。今の季節は、暑さバテ対策にもおすすめです。

ヒーリングローション


取り組みを応援で対象商品ポイント5倍

お米栽培の取り組みに「いいね」と共感していただけたら、『はだ恵り~育~』の『お気に入り登録』をお願いいたします。6/17朝10時~6/24朝9時59分迄にお気に入り登録が50件以上つくと、翌週6/24朝10時~7/1朝10時迄ポイント5倍に!


ヒーリングローション

お気に入り登録はこちら

「もっと応援したい!」という方は、
農場でお待ちしております!

ネオナチュラル母袋有機農場では、定期的に農業体験会を実施しています。実際に私たちと一緒に農作業をして応援してくださる方は、ぜひ農場でお待ちしております♪善玉菌リトリート(宿泊)施設『HOLY FUNGUS』では、日々の農作業を体験するミニアクティビティとしてぼぼ毎日実施しているので、今の時季は天然ハーブの香りに包まれながら、農作業でリフレッシュしてくださいね。

ヒーリングローション

詳細を見る


\ この夏も頑張ってます /
HOLY FUNGUSでお会いしましょう!

ヒーリングローション