TOP > ネオナチュラルの理念と活動 > ヘチマで壁面緑化運動

涼しく・美味しく・快適に ヘチマで壁面緑化運動

 

 

オーガニックコスメの種で、
 快適な毎日を過ごしませんか?

古くは江戸時代から“美人水”として多くの女性に愛され、ネオナチュラルのオーガニックコスメの原料でもあるヘチマ。その種を植えれば、夏には生い茂る葉で日差しをさえぎり、秋にはヘチマ水で化粧水を作ることもできます♪環境に優しく節電ができ、さらに化粧水までできるのはヘチマだけ。

ネオナチュラルが地球温暖化防止活動の一環として2007年から行ってきた『ヘチマ壁面緑化運動』で、ぜひ快適&エコな夏をお過ごしください。

皆様のヘチマの様子はこちら/

へちま倶楽部のインスタグラムのアカウントにて、参加者のみなさんがへちまを育てる様子をご紹介しております。

↓インスタグラムを利用していなくてもご覧いただけます↓
下の画像をクリック

ネオナチュラルヘチマ壁面緑化インスタグラムの様子

<インスタグラムのアカウントをお持ちの方>

ヘチマの種が届いたら、ぜひ生長の様子をハッシュタグ「#ネオナチュラルへちま壁面緑化」をつけて投稿してください♪
へちま倶楽部のメンバーとして、一緒にヘチマ壁面緑化運動を盛り上げていきましょう!

ネオナチュラル ヘチマ倶楽部(公式アカウント)
ぜひこちらもフォローをお願いします♪

母袋有機農場のヘチマの様子や、スタッフの壁面緑化チャレンジ日記もお届けしていきます。(アカウントをお持ちでなくてもスマートフォンからご覧になれます。)

 



嬉しい5つの効果 1,2
3
4,5
 
なんでヘチマなの?
壁面緑化によく利用されているのは、ゴーヤや朝顔かと思いますが、じつはどの植物よりもヘチマが最適なのです!
 

準備はカンタン!
用意するものはこれだけ

月ごとのヘチマの育て方
ご相談フォーム ご相談メールはこちら

 
よくあるご質問

【育て方編】
Q:同じ時期に種を蒔いたのに発芽時期が違うのはなぜ?
A:同じ時期に発芽した場合、何か環境の悪影響により全滅してしまう可能性があるためです。バラバラに発芽することで全滅するのを防ぐ事が出来るのです。 植物の知恵ですね。

Q:発芽しません
A:種の皮の中に水が入りやすくすると発芽します。
やすりで皮を軽く削ったり、ぬるま湯に一晩つけて十分吸水させてあげると発芽しやすくなります。

Q:葉が枯れて育っていないような…?
A:お盆休み前ごろまでに葉が枯れているようであれば、肥料が足りていません。お盆休み前までは肥料をあげましょう。
お盆を過ぎた頃は暑さで水分が足りていない状態で、特に強い西日が当たると葉も元気がなくなってしまいますので、水分をたっぷりあげてください。

Q:水やりはいつやるといいの?
A:朝夕の最低2回は行ってください。 夏場は特にたっぷりめにあげてください。

>>その他、詳しい育て方についてはこちら
【料理編】
Q:ヘチマの花も食べられるって本当ですか?
A:はい。天ぷら、和え物にすると美味しいですし、食卓が華やかになります。

Q:どの大きさの実が食べられますか?
A:長さ20センチほどのものが食べ頃です。

Q:種も食べられますか?
A:20センチほどのヘチマですと、中の種は硬くないので一緒に食べられます。

Q:ヘチマの料理方法
A:皮むき器で皮をむき適度な大きさに切って料理します。実は柔らかいので簡単に切れますよ。
 ⇒ヘチマ料理はこちらをご参考くださいね

Q:ヘチマの料理のコツはありますか?
A:あまり火を通し過ぎるとヘチマが溶けてなくなってしまうので、サッとゆでる、サッと炒めるのがおすすめです。




 
 
皆様と一緒に行う社会貢献活動

クローバー環境募金 
クローバー環境募金・Present Tree
売上の一部を皆様からの募金として集め、自然環境保護、植林活動へ役立てています。