TOP > 私たちについて > クローバー環境募金

クローバー環境募金 日本自然保護協会 NCSJ プレゼントツリー present tree 環境リレーションズ研究所 ネオナチュラル オーガニック

クローバー環境募金 日本自然保護協会 NCSJ プレゼントツリー present tree 環境リレーションズ研究所 ネオナチュラル オーガニック

毎日日100〜300種の生物が絶滅し、2万平方メートルずつ砂漠が広がっています

『毎日100〜300種の生物が絶滅し、2万平方メートルずつ砂漠が広がっています』

私たちは毎日の生活の中で資源を消費し、環境を切り崩して生きています。しかしそれが積み重なり、生物の多様性にも影響を与えているのはご存知かと思います。

自然への負担をゼロにするのは難しいですが、自然の営みに謙虚に向き合い、環境に配慮することが大切だとネオナチュラルは考えています。その理念の下、自然保護活動として取り組んでいるのが『クローバー環境募金』です。

毎日100〜300種の生物が絶滅し、2万平方メートルずつ砂漠が広がっています

あなたと自然をつなぐ
クローバー環境募金

クローバー環境募金はネオナチュラル独自の募金制度として2006年に設立しました。ネオナチュラル製品の売上の一部を皆様からの募金としてお預かりし、あなたに代わり2つの自然保護団体へと寄附しています。募金は自然保護活動や植林などの活動資金として利用され、新しい苗木が生まれたり、失われつつある生態系が守られたりすることに役立てられています。

クローバー環境募金の仕組みクローバー環境募金の仕組みクローバー環境募金の仕組み

クローバー環境募金はネオナチュラル独自の募金制度として2006年に設立しました。ネオナチュラル製品の売上の一部を皆様からの募金としてお預かりし、あなたに代わり自然保護団体へと寄附しています。

あなた:ネオナチュラルのスキンケア・日用品をお使いいただきます。
ネオナチュラル:代金の一部を募金としてお預かりし毎月に集計します
自然保護団体:自然保護や植林などの活動に役立てられます

【クローバー環境募金】を通して現在までに沢山の方にご協力いただいております。(数値は2019年8月16日時点のものです)

参加人数

参加人数

329,730人

の方にクローバー募金に
ご協力いただきました。

募金累計額

募金類型学

3,179,250円

自然保護協会に寄附し、
環境活動に役立てられています。

⇒主な活動報告はこちら

植樹数

植樹数

389本

プレゼントツリーを通して
国内外に植林しました。

⇒植林の詳細はこちら

※2019年8月16日時点

2つの自然保護団体で
役立てられています

募金は2つの団体が取り組む自然保護活動や植林などの活動資金として利用され、新しい苗木が生まれたり、失われつつある生態系が守られたりすることに役立てられています。

日本自然保護協会 NCSJ

日本国内の生態系の保全など環境レベルの活動を行っている公益財団法人。自然の仕組みを尊重した持続的な社会づくりを目指し、自然観察の普及活動なども行っています。
<主な活動>地域の生態系の調査および報告、環境教育・自然観察の普及、自然環境の調査員の養成など。ホームページはこちら

日本自然保護協会の活動の様子

プレゼントツリー present tree 環境リレーションズ研究所

Present Treeは「人生の記念日に樹を植えよう」を合言葉に、様々な理由から森づくりが必要とされる土地に樹を植えて、森林再生と地域振興につなげるプロジェクトです。
植えられた苗木は、各植栽地の地域と連携して10年間保育管理されます。
ホームページはこちら

植樹・育樹の様子

活動報告 沖縄泡瀬干潟の保全AKAYAプロジェクトスタッフも参加植林活動

スタッフあいさつ
事務局概要

高柳
クローバー募金
事務長:高柳 昌弘

クローバー募金事務長:
高柳 昌弘
地球環境を守る活動で大きな壁があります。それは、<私たちは一旦便利になった生活を放棄することは難しく、一方的に『環境を守れ!』といったところで、空しく響くだけ>ということだと思います。しかし徐々に価値観が変わりつつあり、健康を重視し自然と調和するシンプルなライフスタイルが見直されています。それが多くの人達に浸透していけば社会全体が自然と調和し持続可能な社会に徐々に変わっていくと考えられます。私たちはまず、この<クローバー環境募金>活動をご理解して頂けるように精一杯頑張っていきます。皆様のご協力よろしくお願いいたします。

生駒
担当:生駒 純一

担当:生駒 純一
「地球の環境は悪化している!」「温暖化が進んでいる!」という話ばかり聞くとだんだん良い未来が考えにくくなってきます。皆様もそうではないでしょうか?だからといって目をそらしていたら、大変なことになってしまいます。私は普段の生活の中で環境について意識しながら過ごすことが重要だと考えます。たとえば物を買うときに捨てるときのことを考えます。そういう事を考えるための意識が重要だと思うんです。しかし常に意識し続けるということはとても難しいです。このクローバー環境募金が<意識する>ことを思い出すきっかけになればと思っています。

応援メッセージをいただきました

公益財団法人 日本自然保護協会
総務室 芝小路様より

株式会社ネオナチュラル様の自然保護への深い思いとご尽力により「クローバー環境募金」を通して日本自然保護協会の活動にご支援いただき、心から感謝いたします。皆様の大切な寄付金は、日本の自然の将来のために、有効に活用させていただきます。美しい自然は、10年後20年後もいまと変わらない姿であり続けてくれるでしょうか?なくなりそうな自然を守り、自然を守る仕組みをつくり、守った自然をもっとよくするために、商品のご購入を通じて日本自然保護協会の取り組みにご支援いただけることをお願い申し上げます。

日本自然保護協会 管理副部長芝小路さんと日本自然保護協会 総務室 芝小路さんと

Present Tree運営団体
認定NPO法人環境リレーションズ研究所 鈴木敦子様より

「あなたと自然をつなぐクローバー環境募金」を通じて、全国の荒廃林に250本の樹が植えられました。日本人の環境意識はものすごく高いのですが、なかなか実際のアクションには至りません。だからPresentTreeでは、日常に参加の緒を創るため「人生の記念日に樹を植えよう!」と呼びかけて、記念植樹による森林再生事業を始めました。少子高齢化の中、荒廃林の拡がる地方ではもっと過疎化が進んでいくでしょう。人や経済の交流なくして地域振興はあり得ず、地域振興なくして森林再生はあり得ません。ネオナチュラルの製品を買うと過疎地の森が拡がって地域も活性化!という取組みに、心からの感謝を申し上げます。

環境リレーションズ研究所 鈴木様環境リレーションズ研究所理事長 鈴木様(写真左)「Present Tree in 宮古」植樹イベントにて

地球と仲良し!クローバー環境募金 概要

地球と仲良し!クローバー環境募金事務局は環境保護を行う団体、皆様と協力して、自然環境を守るための募金活動を行うために設立した組織です。
中部経済新聞(2006/10/2付)でご紹介いただきました。

住所 〒464-0075 名古屋市千種区内山3丁目8-10 明治安田生命今池内山ビル8F
株式会社ネオナチュラル内
TEL 052-745-9900
FAX 052-745-3345
スタッフ 高柳昌弘(事務長)、生駒純一
事務局が行う仕事 金活動の管理、運営を行います。毎月月末締で速やかに集計、募金額 の決定を行い、翌月末日までに日本自然保護協会とプレゼントツリー、それぞれに割り振って振り込みいたします。